• ホーム
  • セルフチェックでED時は血圧低下に注意してレビトラ

セルフチェックでED時は血圧低下に注意してレビトラ

性欲が減退しているなど、自分自身でEDの症状が出ているのかどうか判断できないときには、セルフチェックをしてみることがおすすめです。
勃起をしてからどの程度まで維持されることが可能なのかや、性的刺激を受けてから勃起したときにどの程度の割合で挿入が可能な硬さになっているのかなどの、セルフチェックが存在しています。
医療機関でも行われている内容のセルフチェックで、合計の点数が21点以下のときにEDの疑いがあると診断されます。
セルフチェックを受けた結果、必ずEDであると決定するとは言えませんが、事前に調べておく方法として活用できます。
セルフチェックなどを試してみて、自分がEDであると感じるときには専門の医療機関を受診することがおすすめです。
医療機関を受診することで、レビトラなどのED治療薬の処方を受けることができます。
勃起は性的な刺激を受けたときに、一酸化窒素が放出されて細胞内部にcGMPという血管を拡張させる作用のある物質が増えることで起きます。
勃起が続きすぎると大変ですので、cGMPを破壊するPDE5という酵素の力で海綿体の血管が収縮して勃起が治まります。
レビトラに含まれている成分である、バルデナフィルの効果によって勃起を抑制させる酵素であるPDE5の作用を阻害することが可能となるために、勃起を促進させることができます。
狭心症の治療には硝酸剤が使用されることが多いですが、レビトラを服用すると血圧を下げる働きが増えすぎてしまうために、
急激な血圧低下を引き起こす可能性があります。
そのために狭心症の治療のために硝酸剤を服用している人の場合には、レビトラを服用できるか十分に医者に相談をしておく必要があります。
その他にも心臓病や不整脈などがある人の場合には、レビトラを服用できないことが考えられますので、しっかりと医者の判断に従うことが大切です。